住重加速器サービス株式会社のご紹介



 当社の起源は住友重機械が1972年に大阪大学核物理研究センターにAVFサイクロトロンを納入した時に遡ります。原子核物理の実験を行う為に、研究者を助けてサイクロトロンを昼夜運転する専門の技術員が求められました。その後、研究用、医療用など多くの加速器が作られ、その運転維持を専門業務とする会社として1985年に設立され、以来加速器および関連施設の運転維持一筋に今日に至っています。
 


 国内の加速器を有する主要な研究施設への技術員派遣に加えて、最近急速に隆盛となっているPET(陽電子画像診断)システムおよび陽子線がん治療装置等、医療分野での活躍が拡大しています。国立機関、大学病院、民間病院、PET検診クリニック等、全国で60ヵ所以上の施設に運転員を派遣しています。
 


 各種国立研究機関・大学から民間の病院・機能診断PETセンター等、全国のお客様に優秀な技術員を派遣し、高い信頼と評価を戴くことにより、社会の発展・国民の福祉に貢献できる会社を目指します。そのために先ず人材を重視し社員の育成と技術向上に努め、お客様の満足と信頼を第一とした経営を目指します。
 

経営理念
ビームテクノロジー企業として、社会に貢献する

・お客様に最適のオペレーションサービスを提供する。

・住友重機械工業(株)の加速器事業と有機的連携のもとに、お客様に貢献する。


会社概要


 ◆商   号 住重加速器サービス株式会社
          SHI Accelerator Service Ltd.(SAS)

 ◆設   立 1985年3月20日

 ◆資 本 金 3,000万円


 ◆本   社 〒141-0032
          東京都品川区大崎1-17-6
          電話 03-5434-8468

 ◆株   主 住友重機械工業(株)100%

 ◆営業品目 1)各種加速器及び関連装置に関する
            ・運転管理業務
            ・点検検査業務
            ・修理据付業務
            ・維持改善業務
            ・放射線管理区域管理業務
            ・部品消耗品販売業務

         2)PETシステムに関する
            ・サイクロトロンの運転・日常点検
            ・合成装置の運転・日常点検
            ・ホットラボ室の管理、運営
            ・消耗品販売、測定装置等の販売


Copylight(C) SHI Accelerator Service Ltd. All rights reserved.

住重加速器サービス株式会社